お知らせ

2016.04.07

羽アリ群飛について

 ←ヤマトシロアリの羽あり

羽ありの体色・体長

・体色 茶色がかった黒色または黒色

・体長 約10mm

羽ありの群飛時期 4月中旬~5月下旬「昼間」とくに雨上がりの日

羽ありの群飛を目撃しなくても、落ちた羽が見つかれば近くにコロニー(集団)が存在すると考えられます。

暖かくなるにつれてシロアリの活動が活発になります。当社では無料調査もやっておりますのでご連絡下さい。

建築業者様及び消費者様へ ご不明な点ございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

イエシロアリの羽あり

体色 黄褐色

群飛時期6月~7月の夕方から夜にかけて。

走光性があり家の窓、街灯などに集まる。

沿岸に出現しやすい「鳴門 海南」など

00万匹単位のコロニー「集団」で活動し、食害が建物全体まで及びます。

カレンダー

«4月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

サイト内検索

Copyright (C) 株式会社住宅ケンコウ社 All Rights Reserved.